しおケアカップ誕生!業界初!!

『しおケアカップ』とは

お客様自身で内側下線までスープを残すことにより、食塩摂取量をコントロールできるようにしたカップです。麺・かやくをすべて喫食した後、お客様自身で内側下線までスープを残した場合に摂取する食塩相当量の目安が一目でわかります。

開発の背景

厚生労働省では、「日本人の食事摂取基準」の改定をしており、1日の食塩摂取目標量が変更される可能性があります。

「しおケアカップ」Q&A

しおケアカップ下線までのスープ量の残りは?

150tです。

内側下線はどういう風に入っているの?

カップ内側に上部の縁の部分から約5cm下がったところにお湯を入れる給湯線と同じような線があります。

食塩摂取量の目安はどう測定したの?

調理直後にめん・かやくをざるで取り除いたスープの塩分濃度を測定し、下線までスープを残した時の食塩摂取量を計算した値です。

しおケアマークのところ(カップ側面)に記載されている数値は、残したスープに含まれる塩分相当量のことですか?

いいえ。スープを完飲せず、内側下線までスープを残した場合のお客様の食塩摂取量です。

おいしく・かしこく“しおケア”!

明星食品では、消費者の健康意識が高まるなか、即席めんにおける「減塩」ニーズにお応えしていくために、おいしく・かしこく食塩摂取量をコントロールできる『しおケアカップ』商品を順次拡大していきます。

※2020年2月発売商品から順次導入

ヌマシフリノォエニャ18ヒネソレ/ーラミ。ス耆トミ、アリム。メサミ、ヨミフリ/セナセナネネマ゚モミセォニキハモニオ36/ミ。インヌ猊猝モニオテ箙ムケロソエ